降誕会
4月8日はお釈迦様がお生まれになった日「降誕會(ごうたんえ)」です。また誕生をお祝いして潅佛(かんぶつ)することから、「潅佛會(かんぶつえ)」とも言います。
本年の当山での潅佛會の模様をお伝えします。
釈迦如來一代の図

釈尊の一生を一枚の絵に表現した大作です。これは住職の友人で画家の栗原徹氏が、友情の証として二年がかりで製作した、真心のこもった大作です。
尚、栗原徹氏は「てらスクール」の表紙も担当しています。ほのぼのとした表紙は、皆様の心を和ませていることと想います。
(左の画像は絵の一部です。実物は是非ご来山の上、ご覧ください)
花祭り

降誕会は、一般的には「花祭り」と言ったほうが通りがいいかも知れません。
梅花講の皆さんと一緒にお祝いしました。
尚、住職の頭上に飾られているのが、上記「釈迦如來一代の図」です。
誕生佛

お釈迦様はお生まれになると、七歩歩んで天と地とを指し示し「天上天下唯我独尊」と言われたと伝えられています。自己の尊さを最初に示されたお言葉です。
天にも地にも、二つとない、尊い命に目覚めましょう。
潅佛(かんぶつ)

甘茶をかけるのは、お釈迦様がお生まれになった時、天から清浄な甘雨がふりそそぎ、産湯を洗い、清めたという故事にちなんでいます。